2019年8月20日(火)

10年越しの「デジタルハブ戦略」、マイクロソフトが新サービス
ゲームジャーナリスト 新 清士

(1/4ページ)
2012/6/13 7:00
保存
共有
印刷
その他

米ロサンゼルスで先週開催されたゲーム展示会E3で、マイクロソフトは「Xbox Smart Glass」というゲーム機の枠組みを超えたサービスを発表した。ゲーム機「Xbox360」を使い、テレビやスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)、タブレット端末などをコントロールしたり、セカンドモニターとして利用できる機能だ。

「SmartGlass」の映画イメージ(公式サイトより)

「SmartGlass」の映画イメージ(公式サイトより)

対応するスマートフォンには汎用性の高いHTML5の技術が使われている。「Windows Phone」にくわえ、米アップルの基本ソフト(OS)「iOS」を搭載した「iPhone」などの端末、米グーグルのOS「Android」を使った端末などマイクロソフト製品以外でも利用できるようにする予定だ。

これは、リビングルームでの中心となるコンピューターを誰が握るのかという、競争がさらに激しくなってきたことを示している。

この分野ではアップルがiPadとアップルTVで参入の準備を進めており、すでに争いが始まっているが、マイクロソフトは早ければ今年の後半にも発売するといわれている新OS「Windows 8」に全製品を統合して、業界をリードしていこうという意欲を感じさせるものだった。

■Xbox360を通じたスマートTV化

iPhone、iPad用には、すでに「MyXboxLive」というアプリが提供されており、最新の動画へのリンク、Xboxの自分のアバターやゲーム内の実績、友人へのメッセージを送る機能が実装されている。

マイクロソフトは記者説明会で、簡単な操作で映画をレンタルできるデモンストレーションを行い、タブレットで操作したり、映画の詳しい情報を表示したりと、リッチな情報端末として利用できる可能性を見せた。

またゲーム利用では、アメリカンフットボールのキャラクターの戦術操作をタブレット端末で操作できる機能を見せた。Xbox360をテレビに接続すれば、簡単にスマートTVに変化させてしまうというわけだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。