ソーシャル革命の裏側

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「ニコ動」で進行するコンテンツ革命、熱狂の舞台裏
ネット上の才能を現実世界に解放~ドワンゴの挑戦(1)

(1/6ページ)
2012/5/7 16:16
共有
保存
印刷
その他

 素人が作った曲を素人が歌い、素人がアレンジをして素人がプロモーションビデオを作る。レコード会社などの「大人」は一切、介在しないまま、次々と発表される「作品」に、10歳代から20代の若者が熱狂している。舞台は2725万人を抱える動画配信サイト「ニコニコ動画(ニコ動)」。大人の知らないところで進行する「コンテンツ革命」の実態とは。

ステージ上に浮かび上がるバーチャルアイドル
画像の拡大

ステージ上に浮かび上がるバーチャルアイドル

 千葉市の幕張メッセに併設されたイベントホール。ライブの中盤にさしかかり、暗転したステージに彼女たちが浮かび上がると、会場は割れんばかりの歓声に包まれた。3Dアニメーションがところ狭しと踊って歌う、バーチャルアイドルたちのオンステージだ。

 初音ミクに鏡音リン・レン、巡音ルカ、GUMI、Lily……。男女8人が入れ代わり立ち代わり登場し、14曲をコンピューターによる合成音で歌い上げた。バーチャルアイドルはステージ手前に設置された透明のスクリーンに投影される。奥で生演奏をするバンドの姿が透けて見えるため、あたかもそこにいるかのような錯覚におちいる。

 どの曲も彼女たちのオリジナル曲で、テレビで流れるようなメジャー曲ではない。無名の素人クリエイターがニコ動で発表したものばかりだが、詰めかけた6000人の観客は声を張り上げ、ペンライトを振りかざし、熱狂していた。半分は女性で、中高生の姿も目立つ。都内から来たという女子高生(17)は「マジやばい。楽しい。感動して泣けてきた」と興奮冷めやらない。

 これは近未来を想像した話でも、ごく一部の“オタク”の世界に閉じた話でもない。大手メディアの多くはこのイベントを報道しなかったが、実は大人の知らないところでコンテンツの革命ともいえる事態が進行していた。

■コンテンツを「自給自足」する若者

ニコニコ生放送の中継では画面がコメントで埋め尽くされた
画像の拡大

ニコニコ生放送の中継では画面がコメントで埋め尽くされた

 大型連休前半の4月28日と29日、前代未聞の大規模イベント「ニコニコ超会議」が幕張メッセ全ホールを使って開催された。主催はニコ動を運営するドワンゴ。2日間で約9万2000人のニコ動ファンが詰めかけた。客層は、ニコ動の登録会員のうち約63%を占める10歳代から20代が中心。20代人口の約81%がニコ動ユーザーで、1日のニコ動の平均視聴時間は1時間41分と10代であればテレビ視聴を既に超えている。

 バーチャルアイドルが登場したのは、超会議の目玉で「ニコニコ超パーティー」と銘打たれた夜間ライブ2日目の一幕。ライブはニコ動の「ニコニコ生放送(ニコ生)」でも同時中継され、視聴者は動画の上を流れる「コメント機能」で合いの手や歓声を投げかけた。

 初日は4時間超、2日目は6時間超の長丁場となったライブの視聴料金は2000~2500円。にもかかわらず2日間で延べ約85万8000人、約230万のコメントが殺到した。コメントは会場の大型モニターにもリアルタイムで映し出され、ネットの視聴者と会場が一体となってライブを盛り上げた。会場の6000人と数十万人の視聴者が熱狂したのはバーチャルアイドルだけではない。

 きゃりーぱみゅぱみゅや柴咲コウなどの「プロ」も登場したが、それはごく一部。主役はバーチャルアイドルのオリジナル曲などを歌う「歌い手」に、曲に合わせてダンスをする「踊り手」など、さまざまな動画を投稿し、人気を博したニコ動発の素人アーティスト総勢240人である。

 曲、踊り、映像、パフォーマンスなど、披露されたほとんどの素材は、プロが世に送った商品ではなく、素人がニコ動で発表した無料のコンテンツ。テレビ視聴率が低迷し、CDが売れない時代。だが若者たちはエンターテインメントを嫌いになったわけではない。じつはコンテンツを「自給自足」して楽しんでいたのだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 6ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

ソーシャル革命の裏側 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

LINEの森川亮社長

「LINE」はイノベーションを起こしたか
(森川亮)

 スマートフォン(スマホ)の波に乗り、世界3億人超まで利用者を伸ばした無料通話・チャットアプリ「LINE」。グローバル展開や普及速度などあらゆる点で型破りだ。昨年末には電子商取引市場に参入し、今年は音…続き (2014/1/14)

「超会議場所」の発表直後にステージに現れた横綱白鵬

大相撲がニコ動に 「超会議場所」開催、4月幕張

 今年4月26~27日の「ニコニコ超会議3」に大相撲巡業がくる。超会議は動画サイト「ニコニコ動画(ニコ動)」が毎年、千葉市の幕張メッセで行っている大規模イベント。3回目となる今年は大相撲を目玉に据え、…続き (2014/1/9)

LINEの森川亮社長

ベール脱いだLINE MALL スマホECの本命へ

 無料通話・チャットアプリで世界3億人、国内5500万人超の会員を抱えるLINE(東京・渋谷)がEC(電子商取引)の新アプリ「LINE MALL(ラインモール)」の配信を始めた。急成長するスマートフォ…続き (2013/12/28)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月25日(月)

  • 自動運転時代到来で、自動車市場は急拡大する 名古屋大学COI未来社会創造機構客員准教授の野辺継男氏に聞く
  • アップルが開発した「ニューラルエンジン」は、人工知能でiPhoneに革新をもたらす
  • 日産と三菱が「EV祭り」フランクフルトショー欠席の理由

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月25日付

2017年9月25日付

・火災、IoTで遠隔通知、岩崎通信機など
・「勝ちには力、負けには夢」 ロボコンの父、森東工大名誉教授に聞く
・心筋細胞で動く微小装置 阪大、拍動に合わせ屈曲
・クラボウ、高速で欠陥品判別 飲料ペットボトルの画像診断装置開発
・テルモ、米国でカテーテルの開発体制整備 拠点統合や研修施設
…続き

[PR]

関連媒体サイト