米ITも「家と連携」構想

2012/3/21 13:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

家電とスマートハウスの連携に一枚かんできそうなのが、IT(情報技術)産業だ。米グーグルは2011年5月に米国で開いた技術イベントで家電をネットワーク化して省エネに役立てる「アンドロイド@(アット)ホーム」構想を発表した。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)でおなじみの基本ソフト「アンドロイド」を使い、家電を遠隔で自在に動かす構想だ。

アンドロイドは当初から単なる携帯電話を超えて用途拡大できる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]