/

世界一の被援助国ニッポン、海外からの支援金はどこへ

被災地支援のためにレディー・ガガさんはサイトでリストバンドを売り出した

日本が今年は世界最大の"被援助国"――。東日本大震災の発生後、世界中から日本に対して多額の支援が集まっている。被災地支援のために米人気歌手レディー・ガガさんが売り出した1本5ドルのリストバンドは、発売48時間で25万ドル分が売れたほどだ。もっとも海外からの寄付金がどのように日本で配られるのかについては、よく知られていない点も多い。お金の流れを追った。

「とにかく日本を助けたかった」。米シアトルに住む会社員ジョン・エンドウさんは、震災発生の翌日、米アップルの音楽配信サービス「iTunes(アイチューンズ)」経由で、米国赤十字社に100ドル寄付した。被災した人たちの日々の生活に役立ててもらおうとの思いからだ。

これまでに米赤十字が東日本大震災に関連して集めた寄付金はレディー・ガガさんからの分も含めて約2億5000万ドル(6月6日時点)にものぼる。ただ、その金額が「義援金」として日本の被災者に直接、配られているわけではない。

ハワイでの津波避難も支援

日本での巨大地震発生を受けて、ハワイ州やカリフォルニア州などの海岸地区では住民らを避難させる措置がとられた。こうした避難活動の支援として、5万ドルが支払われた。さらに「寄付金の約9%にあたる2300万ドルが管理費に充てられる。また米軍家族が日本から出国する際の支援として約30万ドルが使われた」(米赤十字の国際広報部アビー・ウィーバー氏)。

こうした費用を除いた残りが日本赤十字社に送金される。ただ、そのお金は、日赤の被災地救援活動に使う「海外救援金」に充当されることになる。海外救援金は日赤が各国の赤十字の意見を聞きながら運用できるもので、医療施設の復興支援や避難所向けの救援物資として使われ、被災者に直接、現金で配布されることはない。

海外救援金は300億円へ

現在、日赤に世界各国から集まった「海外救援金」は約220億円。最終的には300億円超に達する見込みだ。今のところ、このうち約30億円が、冷蔵庫など生活家電セットの配布費用として使われたにすぎない。救援金の残りは、中長期的な支援にも充てられる。

海外からの寄付金も、国外の赤十字経由ではなく、日赤に直接振り込まれた場合は、被災者に現金で支給される義援金に回されるが、こうした方法はなかなか周知されてはいない。シアトルのエンドウさんもなるべく被災者に早く届けてもらいたいと思い、その後は国際的な非政府組織(NGO)を通じた寄付に切り替えたという。

義援金は日本独自の制度

被災者に現金を直接分配する義援金制度だが、実は世界でも珍しい仕組みだ。米国赤十字社のウィーバー氏は「米国では被害規模が小さく、赤十字が物資を提供しづらい場合などに限って現金を支援する」と説明。支援の主軸はあくまでも物資だ。

ハイチやインドネシア・スマトラなど過去の被災地でも、世界中から集まった寄付金は原則として支援物資に形を変えて配布されてきた。「発展途上国などで現金を配るとトラブルのもとになる」(国際支援組織の関係者)との指摘もある。

一方、日本では「現金で支給し、被災者のニーズにあったものをそれぞれ購入してもらった方が良いという考えが強い」(同)という。

被災者の手元に届くのに時間

今回の日赤などに集まった内外からの義援金は約2570億円(6月9日時点)。ただ分配業務を手がける各市町村の役所や職員も被災しているなどの障害もあって、実際に被災者の手元に義援金が届くには時間がかかっている。

海外での募金活動は今も続いている(ニューヨークで募金活動をする宮城県の高校生ら、6月9日)=共同

その一方で、特定非営利活動法人(NPO法人)など民間の動きは速い。ワールド・ビジョン・ジャパン(東京・新宿)は震災直後から被災地で緊急援助活動を展開。「義援金配布には時間がかかることが多く、それまでのギャップを埋めるのは民間の支援団体の役割」(広報担当の蘇畑光子氏)

ワールド・ビジョンには、5月末時点で国内から約6億5000万円、海外からは約29億円の寄付金が集まり、震災後3カ月間は食料提供などに使ったという。今後は、中長期的な取り組みとして、子供や高齢者の生活支援などに支援金を使う計画だ。

被災者への支援が直ちに進まない一方、震災から3カ月たった今でも、募金活動は世界各地で続いている。日本にNPOを通じて寄付金を送った米エール大の学生、アイザック・ガーニエさんは「日本赤十字社など多額の支援金が集まった団体は、どう資金を活用したら効率よく被災地を支援できるか考えるべきだ。他のNGOなどに資金を分配して、被災地支援のスピードを優先する必要があるのでは」と指摘する。海外からの善意を十分に生かすためにも、柔軟な対応が求められている。

(電子報道部 岸田幸子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン