2019年3月21日(木)

「夫の病気にも圧勝する」 DeNA南場社長、退任への思い
「会社は公器」を貫いた決断

(1/5ページ)
2011/5/27 12:12
保存
共有
印刷
その他

会員数2700万人の携帯電話向け交流サイト(SNS)「mobage(モバゲー)」を擁し、急成長を遂げているディー・エヌ・エー(DeNA)。創業社長の南場智子(49)は病気療養中の夫の看病に時間を割くため、6月の定時株主総会で非常勤の取締役に退く。日本を代表する高収益ネット企業を育てた経営者の唐突な退任発表。「夫の看病」が今回の社長交代を招いたのは事実だが、南場本人にとっては既定路線の誤差に過ぎない。

早稲田大学の授業で特別講師として学生の質問に答える南場社長(5月25日)

早稲田大学の授業で特別講師として学生の質問に答える南場社長(5月25日)

退任を公表した5月25日の夕方、南場は後任社長でモバゲー事業を引っ張ってきたCOO(最高執行責任者)の守安功(37)とそろって東京証券取引所(東京・中央)での記者会見に臨んだ。そして会見直後、南場はハイヤーに飛び乗り、早稲田大学の早稲田キャンパス(東京・新宿)に向かった。6時限目の授業で特別講師として教壇に立つためだ。

社長交代は企業にとって「重要事項の適時開示」だ。堅苦しい会見を終えたばかりの南場だったが、ラフな格好の学生を前にして、いつもの「南場節」を取り戻していた。「まぁ、そういうわけでして。あのー、なんかタイミング悪くてですねー。いろいろ話をしようと用意してきたんですが、今日は全部Q&Aにします! で、何か聞きたいことあります?」

のっけから南場らしい軽妙なキャラクター丸出しで始まった特別授業。まず飛び出したのはこんな質問だった。「プレスリリースを見て大変、驚きました。現時点での率直なお気持ちをお聞かせください」。記者会見顔負けの突っ込みが南場の本音を引き出した。

「5月10日くらいに(辞めることを)決めたんですよ。この2週間くらい、重大なインサイダー情報を抱えて、誰にもバレないように生きてきたのが辛くて。会議で詰めが甘い社員なんか、いつもの5倍くらい怒ったりして。キミは怠慢だ、とかいって。私は焦っていて、引き継ぐまでにしっかりさせなきゃと思ってるから。でも、『じつは辞めるんです』とは言えない。だから、心境としては、今は、すごくすっきりしていますね」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報