2018年8月16日(木)

フグはどうやって毒を作るの? なぜ毒をもってるの?

2010/12/11 7:00
保存
共有
印刷
その他

 高級食材のフグは毒の研究対象としても興味深い。成分の分離や構造の決定に日本人研究者が関係し、最近では捕食を通じて毒を蓄えていることも突き止めた。でもどうしてフグは毒をもつようになったのだろうか?

  フグの毒は何でできているの?

  炭素、酸素、水素、窒素からできたとても複雑な高分子だ。薬学者の田原良純博士が初めて分離して1909年に「テトロドトキシン」と命名した。しかしどんな構造をしているのかは分からず、60年代に日米の3つのグループが一番乗りを目指して解明に挑み、64年に京都で開かれた国際会議で同時に成果が発表された。

  猛毒なんだよね。

  細胞の表面にある「ナトリウム・チャネル」というたんぱく質に強く結びついて、ヒトの場合、呼吸困難を引き起こす。致死量は1~2ミリグラムと極めて微量で、青酸カリの約1000倍の強さ。自然界の毒では最強の部類に入る。

  フグはそれを自分の体の中で作っているの?

  自分で作っているのか、外部から取り入れているのか、長く議論が続いていたけれど、人工養殖で結果が判明した。海中には小さな貝やヒトデ、藻類などに毒をもっている生物がいて、フグはそれを食べて成長する。そこから毒を取り出し蓄えるようにしたらしい。毒のない餌で育てたフグには毒がなかった。

  フグはテトロドトキシンで死なないんだ。

  さっきのナトリウム・チャネルというたんぱく質の構造がヒトと少し違っていて、テトロドトキシンがくっつかない。それで大丈夫なんだ。そうして毒を蓄えた理由はまだよく分かっていない。この毒を使って餌をとっているとか、他の生物に襲われないようにするためとか、異性を引きつけるフェロモンにしている――などの仮説が唱えられているけれど、決定的な答えは出ていない。特に目的はなかったのかもしれない。

  小さな貝なども毒を作って食べられないようにしたつもりでも、フグにはかなわなかった訳だね。

  生物の多様性と進化のおもしろいところだね。テトロドトキシンは人工的に合成できるようになったけれど、生物たちがどうやって作っているのかは分かっていない。2010年のノーベル化学賞を受賞した根岸英一さんや鈴木章さんたちが開発した「パラジウム触媒を使ったクロスカップリング反応」が話題になったけれど、効率のよい未知の化学反応がまだまだ生物の中に潜んでいるだろうね。

(科学技術部編集委員 永田好生)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報