保険の転換、気をつけて 生命保険は誰のために(2)
編集委員 田村正之

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2010/10/11 7:00
保存
共有
印刷
その他

「大手生保の営業って、本当に変わらないな、ってびっくりしましたよ」。金融機関に勤務するAさん(48)は苦笑混じりにそう話す。

Aさんは1990年代前半に国内大手生保で終身250万円、定期4750万円の死亡保障に加入した。現在の保険料は月に2万円台半ばだそうだ。

昨年春ごろ、その大手生保の営業職員である40代の女性が訪ねてきて「50歳で更新になり、保険料が4万2000円に上がります。この機会に保険…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]