本当に15年ぶりの円高? 外貨投資の誤解(6)
編集委員 田村正之

(1/3ページ)
2010/8/30 7:00
保存
共有
印刷
その他

15年ぶりの円高と言われるけれど・・・・・・

15年ぶりの円高と言われるけれど・・・・・・

本来「外貨投資シリーズ」は前回の5回目で終了し、新たに生命保険シリーズを始める予定だった。しかし、ここへきて円が急伸、8月24日には一時1ドル=83円台をつけた。連日のように「15年ぶりの円高で日本が危機」という報道があふれている。

もちろんそれはそれで事実であり、政府の毅然(きぜん)とした対応が望まれる。ただし物事はそれを測る「モノサシ」次第で見え方が変わってくる。為替も同じで、普段のニュースで触れられている「名目レート」とは別に、「実質レート」という考え方があることを知ると、景色がやや違って見えてくる。外貨シリーズの最後にそれを書いておきたい。

まずグラフAを見てほしい。実際の円・ドルレート(名目レート)は確かに急速に円高に進んでいて、1995年の円高時と同水準になっている。

ただし為替の強弱は本来、米ドルだけでなくユーロや中国人民元、英ポンド、豪ドルなど様々な通貨との関係で総合的に見るべきだ。このように貿易額などで計った相対的な重要度で多くの通貨をウエイト付けして算出したものを「実効レート」という。現在、日本銀行は58カ国の通貨との間で実効レートを示している。

そしてもう一つ重要なのが「為替は物価水準を考え合わせて議論するべきだ」(東大教授の伊藤元重さん)という視点。

例えばインフレ率の高い国の通貨は、その通貨で買えるモノの量が少なくなる。つまり通貨価値が下がる。為替は2つの国の通貨の交換比率のことなので、通貨価値の下がった国の通貨は長期的には下落しやすいわけだ。

次ページ→「実質実効レートで判断すべき」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

これまでの連載

関連キーワード

電子版トップ



[PR]