悪いことには必ず意味がある 高橋大輔
「吹っ切れた」完璧主義者

(1/3ページ)
2010/4/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バンクーバー五輪フィギュアスケート男子銅メダル、2010年世界選手権金メダル。いずれも日本男子フィギュア史上初の快挙を成し遂げた高橋大輔(24、関大大学院)のスケート人生は山あり谷ありだった。「悪いことが起きたとき、それには必ず何か意味があると思っている」。そうして必ず一つ高いところに戻ってきた。

08年12月。五輪のプレシーズンを棒に振る原因となった右ヒザじん帯断裂の手術を終えた高橋は、拍子抜…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]