「四つの変更点」にも要注意 IFRSが迫る決断(4)

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2010/4/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 IFRS(国際会計基準)対応プロジェクトにおいて、個々のシステムを修整する段階では、多くの企業に共通し、影響も大きい変更点が四つ挙げられる。システム部門は、連載第3回で説明した「三つの選択肢」と、今回説明する「四つの変更点」について深く理解し、正しく決断することが大切だ。

IFRS対応の際に基幹システムがどのパターンを採るにせよ、システムの修整が必要になる会計処理が存在する。コンサルタントや公認…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]