/

この記事は会員限定です

親子で考える金銭の役割

小遣い通じ社会・経済に関心

[有料会員限定]

新年度が始まり、子どもの進学や進級で小遣いについて考える家庭も多いだろう。小遣いをやり繰りして欲しい物を買ったり、貯金や投資をしたりすればお金の役割を実感することができる。親が上手にリードし、小遣いを通じて経済や社会に関心を持たせてみよう。

東京・世田谷に住む公務員Aさん(35)は今、小1の長女の小遣いをいくらにするかで悩んでいる。娘は近所の100円ショップがお気に入り。一緒に行くたびキャラクタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン