/

この記事は会員限定です

賃金格差を考える(上)「同一賃金」比較対象難しく

職務給に限定が妥当 安藤至大 日本大学准教授

[有料会員限定]

同一労働同一賃金を巡る議論が活発化している。安倍晋三首相が1月の施政方針演説で「働き方改革」の一環として取り上げ、厚生労働省は「同一労働同一賃金の実現に向けた検討会」を立ち上げた。

同一労働同一賃金とは、雇用形態にかかわらず、同じ仕事であれば同じ賃金という意味であり、欧州では一般的とされている。非正規労働者の待遇改善に向けた取り組みの一環として議論されている。

すでに有期雇用、派遣労働、パートタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2790文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません