/

この記事は会員限定です

投資の新潮流(4)ベトナム株、8割に邦人株主

利回り求め世界へ資金

[有料会員限定]

配当利回りが10%台の銘柄が数多く上場する。そんな市場が東南アジアにある。ベトナムのホーチミン証券取引所だ。2000年設立で、外国資本の過半出資は昨年解禁されたばかり。株価は割安に放置されてきた。

20兆円買い越し

なじみの薄いこの市場に日本マネーが押し寄せている。アジア株に強いニュース証券によると、上場する約300銘柄のうち8割に日本マネーが流入している。同証券も日本の個人の注文を受けてベトナムの中堅企業、ロンア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り999文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン