「eスポーツ」躍動の兆し
ゲームで競技、プロも続々と

2016/4/6付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

ガンシューティングやサッカー、格闘といったゲームをスポーツに見立てた「eスポーツ」がブームの兆しをみせている。総額1億円を超える高額賞金の大会がある海外に比べ日本は遅れているとされてきた。ここにきて協会や競技団体が続々と発足。大会賞金やスポンサー収入で生活するプロの選手も増えている。

3月12、13日の両日、イベント会場「豊洲PIT」(東京・江東)で「第1回日本eスポーツ選手権大会」が開かれた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]