/

この記事は会員限定です

EV電池、業種超え開発

山形大「蓄電バレー」形成めざす

[有料会員限定]

米ベンチャー、テスラ・モーターズの「ロードスター」「モデルS」、米ゼネラル・モーターズ(GM)「ボルト」、独BMW「i3」……。世界の有力自動車メーカーが開発にしのぎを削る電気自動車(EV)が、山形県内にひそかに持ち込まれ、分解調査(リバース・エンジニアリング)された。

分解調査はEVのカギを握るリチウムイオン電池の性能を調べ、性能向上のための課題解決策を探るのが目的だ。

中心となったのは山形大学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン