2019年2月17日(日)

栗林知絵子さん 貧しい子ども向け食堂、普及の立役者 放課後に学習も支援、広がる活動

2016/4/1付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

貧困や親の仕事の都合などでちゃんとした食事をとれない子供たちに、無料もしくは安価で食事を提供する「子ども食堂」の開設が相次いでいる。2012年ごろ登場し、全国で約100カ所に広がった。普及の立役者の一人として、子ども食堂の開設や運営方法を指南している。

理事長を務めるNPO法人・豊島子どもWAKUWAKUネットワーク(東京・豊島)では、農家が寄付した野菜などで作った夕食を母子家庭などの子供に出し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報