/

この記事は会員限定です

塩崎恭久・厚生労働相 ケア中心の時代へ転換

[有料会員限定]

我が国の保健医療は世界に誇るべきものだ。50年以上前に国民皆保険制度を達成し、貧富を問わず、誰でも、どこでも医療を受けられることを保証したことは、国際的に見ても快挙であった。平均寿命や健康寿命世界一といったアウトカム(成果)を比較的低い医療費で達成してきたことは、国際的に高い評価を得ており、国民の貴重な資産である。

しかし、人口減少、少子高齢化の急速な進展、疾病構造の大幅な変化、保健医療にかかる財...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン