手術支援ロボ・眼科用器具…医療VB、開発ペース加速
専門VC、低金利も追い風

2016/3/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

医療機器を開発するベンチャーが活気づいている。医療分野への投資に積極的なベンチャーキャピタル(VC)が増え、低金利も追い風に資金が流入。手術ロボットや先端的な治療法の実用化ペースが上がってきた。医療機器は診断分野では国内大手が存在感を保つが、実際の治療分野は外資系が強い。ベンチャーの活躍が広がれば、年間8000億円近い輸入超過の市場の構図を変える契機になる可能性もある。

千葉県柏市にあるベンチャ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]