/

この記事は会員限定です

手術支援ロボ・眼科用器具…医療VB、開発ペース加速

専門VC、低金利も追い風

[有料会員限定]

医療機器を開発するベンチャーが活気づいている。医療分野への投資に積極的なベンチャーキャピタル(VC)が増え、低金利も追い風に資金が流入。手術ロボットや先端的な治療法の実用化ペースが上がってきた。医療機器は診断分野では国内大手が存在感を保つが、実際の治療分野は外資系が強い。ベンチャーの活躍が広がれば、年間8000億円近い輸入超過の市場の構図を変える契機になる可能性もある。

千葉県柏市にあるベンチャー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン