/

この記事は会員限定です

わかる手数料(2) 指数連動型ファンド

信託報酬は割安、長期保有に有利

[有料会員限定]

投資信託の中で最近普及が進んでいるのが指数連動型のファンドだ。保有時に毎日引かれる信託報酬が低く、長期保有に向いた商品とされる。大きく分けて2種類ある。上場していないインデックス投信と取引所で売買できる上場投資信託(ETF)だ。インデックス投信は信託報酬を年1%未満に抑えた商品が多いが、ETFはさらにそれを下回るものが多い。

指数を上回るリターンをめざす積極運用(アクティブ)型投信は銘柄発掘など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン