中小、金の卵は外国人
「攻めの経営」中核に

2016/3/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中小企業が外国人採用に力を入れている。海外進出や組織を活性化するため積極的に優秀な人材を登用。大手に比べ国内の新卒採用の厳しさが増すなか、外国人人材を攻めの経営に生かす。2015年の外国人労働者は全体で前年より15%増えて過去最高の水準。政府も3月上旬、働きやすいよう特区で規制を緩和する方針を打ち出した。外国人を活用する業種も多様化していきそうだ。

電気設備工事の振興電気(東京・品川、門間俊道社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]