実践アクティブ・ラーニング 脱・受け身の取り組み幅広く 杉山剛士 埼玉県立浦和高校校長

2016/3/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

高等学校や大学の授業にアクティブ・ラーニング(能動的な学習)を取り入れようという動きが広まっている。埼玉県立浦和高校の杉山剛士校長に寄稿してもらった。

学校現場ではアクティブ・ラーニング(以下AL)の推進が課題となっている。次期学習指導要領でもALが大幅に導入される見込みだ。文部科学省によると、ALとは「課題の発見や解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習」だという。学校現場はこれをどう捉え、取り組…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]