2018年7月21日(土)

物価連動債 発行1000億円減 財務省、4月4000億円に 需要見込みにくく

2016/3/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 財務省は物価が上がるほど元本が増える機関投資家向けの「物価連動国債」について、4月の発行額をこれまでの計画より1000億円少ない4000億円にする検討に入った。市場関係者の物価上昇への期待が低迷し、需要が見込みにくくなっているためだ。減額するのは発行を再開した2013年以降で初めて。

 物価連動債は物価の上昇に合わせて元本が増える仕組みの国債で、機関投資家だけが購入できる。最低の額面金額は10万円…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報