/

この記事は会員限定です

阪大免疫学、画期的新薬生む成果続々

ノーベル賞級学者集う/自由闊達の伝統が力に

[有料会員限定]

病原体などから体を守る仕組みである免疫。複雑な働きを巧みに操りながら感染症などと闘う一方、暴走するとリウマチや花粉症などの病気を引き起こす。世界的に競争が激しい研究分野で、大阪大学の存在感は大きい。ノーベル賞級の学者が集い、画期的な新薬も生み出されてきた。

米調査会社トムソン・ロイターが論文の影響力からまとめた「世界の研究機関ランキング」の免疫分野で、大阪大学は2014年に1位になった。「世界で影...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1890文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン