/

この記事は会員限定です

イノベーションを考える 第3章 組織の作用(9)

企業盛衰の分岐点に 東北大学教授 柴田友厚

[有料会員限定]

主力事業の「活用」と新事業の「探索」を同時にする「二刀流の原理」は、主力事業の衰退局面でより重要性を増します。新たな技術や事業の探索に迫られるためです。このような事業の転換過程をうまく管理できるかどうかが、企業盛衰の分岐点になると言っても過言ではありません。

二刀流原理を使った事業転換の典型的な成功例が、富士フイルムです。富士フイルムは1970年代後半からデジタルの研究プロジェクトに着手し、84年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り592文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン