/

この記事は会員限定です

特許切れ品・後発薬、米で薬価つり上げ横行

寡占化 メーカー優位に

[有料会員限定]

米国で薬価の過度なつり上げが横行し、議論を巻き起こしている。業界再編による寡占化や販売元の集約を契機に薬価が一部で大幅に上昇し、米議会が調査を始めた。米国では製薬会社が薬の値段を自由に決められるため、値上げ自体は違法ではない。ただ、米大統領選の有力候補は高すぎる薬を問題視し始めており、薬価制度の見直しにつながる可能性もある。

米議会・下院の監査・政府改革委員会は2月4日、医薬品の価格設定を巡る公聴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1553文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン