/

この記事は会員限定です

運用各社「脱国債」急ぐ

マイナス金利で投資難 外債や社債にシフト

[有料会員限定]

運用・証券各社が取り扱う金融商品で「脱国債」を急ぎ始めた。日銀のマイナス金利政策を受けて国債利回りは10年物でもマイナス圏に沈み、運用難が極度に強まっているためだ。外債や社債など国債よりも利回りが高い債券を活用する動きが目立つ。地方金融機関や個人のマネーが流入しており、今後はリスク特性の違いなどをいかにていねいに説明していくかが課題となりそうだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン