/

この記事は会員限定です

「ぼっち飯」の逆襲

「つながり疲れ」孤独肯定

[有料会員限定]

友達や仲間と一緒ではなく独りで食事をとることを「ぼっち飯」と蔑称するなど、「ひとりぼっち」という言葉はたいてい否定的に使われる。もともとは特定の宗派に属さない「独り法師」が語源だという。それで思い浮かぶのは、出家した放浪の俳人、種田山頭火。「分け入っても分け入っても青い山」「誰か来さうな空が曇ってゐる枇杷(びわ)の花」などの句が有名で、何とも言えぬ悲哀が漂う。

ところが最近は「自由で気まま」「無駄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り552文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン