/

この記事は会員限定です

エコノミストの昼ごはん タイラー・コーエン著

通説を疑い 良い食事を追求

[有料会員限定]

「いつでもグルメ」が本書のキーワード。どうすればふだんからおいしいものを食べられるのか。シェフが勧める高い料理は本当にいいのか。米国の著名な経済学者である著者はそんな疑問から出発し、じつは安い料理の中にこそ良い食べ物が多いと説く。

本書で最も際立つ主張は、大都市の中心には味のいいレストランが少ないという点にある。理由は賃料が高く、味で冒険するのが難しいから。ブランド名や内装に頼る店にも否定的。こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り332文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません