/

この記事は会員限定です

テレビ東京アナウンサー 紺野あさ美(2)

『サラダ記念日』何気ない日常が色づく

[有料会員限定]

小さい頃には夢があふれる。小説家、ケーキ屋さん、看護師……。なりたい職業のひとつにアナウンサーがあった。元マラソン選手の有森裕子さんが、アトランタ五輪で語った「初めて自分を自分でほめたいと思います」。インタビュアーは男性のアナウンサー。そんな言葉が間近で聞ける仕事を、いいなと思った。

タレント活動から離れ、事務所も辞めた2006年。ソロ活動や別の職業という選択もあったけれど、自分が叶(かな)えたい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン