/

この記事は会員限定です

くら寿司、国産魚で「1皿100円」充実

輸入魚高騰、大阪に加工施設 仕入れも工夫、節約志向取り込み

[有料会員限定]

回転ずし店「くら寿司」を運営する、くらコーポレーションは国産の魚介類を使った「100円メニュー」を充実させる。全国各地の漁港から直接仕入れた魚を丸ごと加工できる工場を新設。税別100円で安定的に提供できる国産魚のメニューを3倍の10種類程度に増やす。輸入魚介類の仕入れ価格や人件費が上がるなか、自社加工などでコストを抑えて割安感を出す。節約志向が根強い消費者を取り込む。

大阪府貝塚市に約1万5千平方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り810文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン