2019年6月25日(火)

息から嗅ぎ取る体の異変
血液検査に代わる役目 期待

2016/2/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

吐く息(呼気)に含まれる微量の物質を検出して、健康チェックに役立てる研究が進んでいる。呼気には体内で起きる様々な反応によって生じる物質が含まれている。これを分析することで、子どもに多い糖尿病の発見や、食道がんのリスク判定などに役立てる。将来、健康診断などに使われるようになるかもしれない。

東京医科歯科大学(東京・文京)の三林浩二教授らの実験室で、男性がチューブの先端に取り付けたセンサーに向かい、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報