/

この記事は会員限定です

インテル「3本の矢」育つ データセンター・IoT・メモリー

営業益、パソコン超え 依存脱却へ手応え

[有料会員限定]

半導体世界最大手、米インテルがその姿を変えつつある。縮小が続くパソコン(PC)市場に依存する体質からの脱却を目指し、データセンター、モノのインターネット「IoT」、メモリーの3分野に重点投資する戦略が奏功。3事業の営業利益の合計は2015年にPC事業を初めて上回った。ただ、稼ぎ頭のデータセンター市場には宿敵の米クアルコムが参入。足元では世界経済の減速という逆風も吹く。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン