/

この記事は会員限定です

マイナス金利、経済への影響は

デフレ圧力の再燃防ぐ 日本経済研究センター理事長 岩田一政氏

[有料会員限定]

日銀は1月29日、銀行から預かる当座預金の金利の一部をマイナスにする金融緩和策の導入を決めた。日本で初めて採用するマイナス金利政策は経済にどのような影響を及ぼすのだろうか。従来この政策を提唱してきた岩田一政・日本経済研究センター理事長と、金融論などが専門の池尾和人・慶応大学教授に聞いた。

――銀行が新たに預ける日銀当座預金の一部金利を初めてマイナス0.1%へと下げる日銀の決定。どう評価しますか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1695文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン