/

この記事は会員限定です

慢性疲労、子供も注意

その夜更かし…不登校の原因かも 専門医受診/睡眠習慣改善を

[有料会員限定]

全身の疲労が続き、不登校の原因にもなるといわれる「小児慢性疲労症候群」で、病気の解明や治療に向けた取り組みが進んでいる。血液検査などによる診断法は未確立だが、患者に共通する脳活動の特徴が浮かび上がってきた。症状が重い子供には睡眠習慣を元に戻す治療が効果を上げつつある。発症すると回復しにくいため、症状が軽いうちに睡眠習慣を改善するなど対応が大切だと専門家は指摘する。

西日本に住む中学3年生A君は2学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1829文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン