/

この記事は会員限定です

風を巻く声、声明の恍惚感 詩人 佐々木幹郎

[有料会員限定]

「声明(しょうみょう)」という仏教音楽がある。仏教寺院で僧侶たちが唱える声の音楽だ。日本では東大寺の大仏開眼供養(七五二年)のとき唱えられたのが最初と言われている。もともとインド・中国から伝えられたが、長い時間のなかで日本化した。空海が伝えた真言声明、円仁が伝えた天台声明が有名だ。

声明は仏教の経典を単旋律で歌う。男声のリードボーカルがいて、その後を多数の男声が重なってついていく。唱和していく声...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン