/

この記事は会員限定です

(首都圏まるかじり)五輪ボート場は大田?江東?

帰属巡り対立、「漁場」「ゴミ受け入れ」平行線

[有料会員限定]

2020年五輪のために東京都が第1弾として建設する競技会場3施設の工事業者が14日、入札で決まった。いずれも大手ゼネコンを中心とするグループが落札。大会準備がいよいよ加速すると期待も膨らむ。だが、のどに刺さった骨のような懸案が実は未解決のままとなっている。

問題はボート・カヌー会場となる海の森水上競技場の所在地だ。予定地である東京湾の人工島、中央防波堤埋立地は全体が「江東区青海3丁目地先」。地先と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン