/

この記事は会員限定です

ピエール・ブーレーズさんを悼む 作曲家 望月京

音楽、社会に開いた革新者

[有料会員限定]

一音楽家の死が、世界中でこれほどの大きな反響をもって伝えられるとは……! 国内外のメディアはこぞってその死を速報し、母国フランスでは即日、各界の識者が新聞の見開きに追悼記事を寄稿。一般読者のコメントも100を超え、テレビ番組では揶揄(やゆ)の対象にさえなった。ブーレーズの訃報は、彼が「世界的に著名な作曲家・指揮者」という立場を超え、いかに特異な存在であったかを改めて思い起こさせた。

「オペラハウス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン