/

この記事は会員限定です

和製アニメ 底力鍛える

手書き風CG テコに

[有料会員限定]

国内アニメーションに新たな技術の波が押し寄せている。若い人材を育て、マンガ文化に親しむ日本人に響く作品づくりに生かす。アニメ産業の底力を鍛え、未来を切り開く。

東京都杉並区。アニメ制作会社の武右ェ門で昨年、CG(コンピューター・グラフィックス)によるアニメの職場内訓練(OJT)プロジェクトが始まった。文化庁の委託事業で今回初めて3DCGアニメを選んだ。作品は宮沢賢治原作の「風の又三郎」で今年3月に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン