/

この記事は会員限定です

ここにもAI(3)なおす 診断・治療 医師の知恵袋

[有料会員限定]

患者「最近すごく気分が落ち込むんです……」

医師「どれくらい長く続いていますか。睡眠はとれていますか」

鬱(うつ)病などの精神疾患が疑われる患者を診察する医師を人工知能(AI)で助けられないか。そんな研究が2015年秋から慶応義塾大学医学部で始まった。

診察室にマイクやカメラ、赤外線センサーを設置して患者の声や表情の変化、動作などのデータを集める。患者からはスマートフォン(スマホ)やウエアラブル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン