〈不正競争防止法〉産業スパイへの罰則強化

2016/1/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

営業秘密の不正な取得や使用に対する罰則を強化した改正不正競争防止法が1月1日施行された。営業秘密には顧客情報や製造装置の図面、技術ノウハウや販売マニュアルなどが含まれる。罰則の強化によって産業スパイによる知的財産の流出を防ぐ狙いがある。

改正法は海外への流出防止に重点を置いた。社員が秘密を流した場合、相手が国内企業なら2千万円以下、外国企業なら3千万円以下の罰金を科せられる。秘密を利用した企業へ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]