/

この記事は会員限定です

地元の分身 八郷隆弘

[有料会員限定]

生まれ育った相模原市に分身のような存在がいる。「アユ川」といわれる相模川にほど近い清新中学校。その3年生の教室で出会った相模運輸(同市)の吉田修一社長だ。互いに「俺の方ができる」と思いながら、文武両道を掲げる神奈川県立相模原高校を目指し、共に入学。自分は理系でサッカー部、彼は文系でバレーボール部。教室も部活も違うが、なぜか一緒にいた。

彼のオヤジさんの仕事の手伝いで、夏は蚊に刺されながら林の木に穴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン