/

この記事は会員限定です

「クリスマス・キャロル」新訳 大人向け読み物に

[有料会員限定]

19世紀英国の文豪チャールズ・ディケンズ著『クリスマス・キャロル』の新訳(井原慶一郎訳、春風社)が、クリスマス時期に合わせて刊行された。同作は村岡花子訳(新潮文庫)、池央耿訳(光文社古典新訳文庫)など既に複数の訳書がある。これらに対し新訳は、原文のリズムや19世紀の社会状況をできるだけ忠実に伝える工夫を凝らしている。

『クリスマス・キャロル』は心を閉ざした偏屈で強欲な老人が、精霊に導かれて他人の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン