岐路に立つ介護ビジネス(上) 国頼みのツケ 体質改善、自律性なく

2015/12/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

成長産業として期待されてきた介護業界に逆風が吹いている。重労働なのに低賃金という厳しい職場環境から恒常的な人手不足に苦しみ、倒産件数も過去最多。介護報酬が引き下げられるなか、税金や保険料に収益の大半を頼る事業モデルは行き詰まりをみせてきた。

「ゲホゲホ」。消灯後の静まりかえった介護施設で、入居者のせきが響き渡る。介護スタッフが小走りで部屋に入り、異変がないか確認する。

首都圏の介護事業者。この日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]