/

この記事は会員限定です

青梅市、全10図書館 民間運営に

指定管理者制導入へ

[有料会員限定]

東京都青梅市は2016年4月から、市内の図書館10館に指定管理者制度を導入、民間事業者が運営に当たる。これにより、開館時間の拡大など利便性を高めるとともに経費削減につなげる。多摩地域の自治体で全図書館に指定管理者制度を採用したのは同市が初めてという。

公募に基づき指定管理者に選んだのは、図書館流通センター(東京・文京)を代表とする「TRC青梅グループ」。同グループを含む4団体が応募したが、運営経費...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン