/

この記事は会員限定です

「民泊」条例案、委員会で可決

大田区議会、7日本会議で成立へ

[有料会員限定]

国家戦略特区の特例を活用し、一般住宅に外国人旅行者らを有料で泊める「民泊」を一定の条件で認める条例案が1日、東京都大田区議会の保健福祉委員会で可決された。7日の本会議で成立する公算が大きい。条例が成立すれば大阪府に次いで全国で2例目となる。

民泊は現在は旅館業法などで原則禁止しているが無許可の営業が広がっている。保健福祉委では「旅館業法では安全安心面の確保を十分できておらず、条例の制定は必要不可欠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン