/

この記事は会員限定です

(社説)寄付の文化を定着させたい

[有料会員限定]

民間企業や内閣府、NPOなどが集まって毎年12月を「寄付月間」とし、寄付を促進しようという試みが始まる。高齢化や貧困など社会には課題が山積しているが、政府は財政難で十分な対応ができる状況にない。民の力でよりよい社会をつくっていくためにも寄付文化を定着させたい。

例年12月は赤い羽根共同募金など助け合い運動が盛んになる。寄付月間推進委員会(委員長・小宮山宏三菱総研理事長)はこの時期を利用して、多く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン