/

この記事は会員限定です

奥田務(1)新しい小売業へ

歴史守るために変わる 百貨店業界、保守脱却に挑む

[有料会員限定]

今から9年前の2006年12月11日。私は1人の紳士を京都のホテルで待っていた。午後4時、部屋のドアをノックする音がした。彼とは知らない仲ではなかったが緊張した面持ちが窺(うかが)えた。

ポプリの微(かす)かな香りが緊張をほぐしたのだろう。部屋に招き入れ、用意してあったコーヒーをポットからカップに注ぐころには彼はいつもの温和な表情になっていた。彼の名は名古屋が地盤の百貨店、松坂屋ホールディングス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン