/

この記事は会員限定です

豪雪被害防げ、実用化へ研究着々

雪崩、発生場所を予測/降雪、陸を避け海上で

[有料会員限定]

豪雪による被害を軽減する研究が加速している。降る雪の性質を分析して雪崩の起きやすさを予測したり、雪雲が陸地に達する前に海で雪を降らせたりして被害を軽減する技術は、実用化が視野に入ってきた。温暖化が進むことで、一部の地域では豪雪が増えることもわかってきた。冬本番を前に、研究機関は実地に精度や効果を検証する準備を進めている。

雪質を調べて雪崩の予測に生かすことはできないか。防災科学技術研究所の山下克也...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1032文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン