2018年12月12日(水)

豪雪被害防げ、実用化へ研究着々 雪崩、発生場所を予測/降雪、陸を避け海上で

2015/11/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

豪雪による被害を軽減する研究が加速している。降る雪の性質を分析して雪崩の起きやすさを予測したり、雪雲が陸地に達する前に海で雪を降らせたりして被害を軽減する技術は、実用化が視野に入ってきた。温暖化が進むことで、一部の地域では豪雪が増えることもわかってきた。冬本番を前に、研究機関は実地に精度や効果を検証する準備を進めている。

雪質を調べて雪崩の予測に生かすことはできないか。防災科学技術研究所の山下克…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報