2019年1月18日(金)

パリ同時テロが示すもの(下) 欧州の自由主義に打撃
田中浩一郎 日本エネルギー経済研究所中東研究センター長

2015/11/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

パリで起きた市民の無差別殺害は世界に大きな衝撃を与えた。事件の全容が見えないこともあり、欧州社会の動揺が続いている。捜査の過程でもパリ郊外のサンドニで逃亡犯との銃撃戦が展開された。捜査の網が非常事態下のフランスからベルギーに、さらにはオランダやトルコに広がる様相を呈している。組織化された主体により、卑劣なテロ攻撃が計画・実行されたことが明らかになりつつある。

オランド仏大統領は、事件発生からほど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報