2018年7月17日(火)

「火星」生活 ハワイで実験
長期滞在へストレス探る

2015/11/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 将来、人類が火星などに長期滞在する時代が来るとしたら、最大の問題はストレスかもしれない。地球から遠く離れ、少人数で不自由な閉鎖空間で暮らす。そうした日常が人間の心理にどのような影響を与えるか、地上で模擬体験してみようという実験を、米航空宇宙局(NASA)と米ハワイ大が始めた。火山の中腹に宇宙基地に似た施設を建て、6人の男女が1年間の予定で隔離生活を送っている。

 ハワイ島にあるマウナロア山(標高4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報